従来まで,歯が無くなると,咀嚼などの機能回復および審美回復などは,「入れ歯(義歯)」や「橋渡し(ブリッジ)」によって行われていました.
 しかし,インプラント治療は,これらの回復法の新しい選択肢の一つとなります.

 利点としては,人工の歯(インプラント)を顎の骨の中に植えるため,治療後は普通の歯とほぼ同様に使うことが出来ます.そのため両隣の歯を削ることはありませんし,入れ歯のように発音がしにくい・粘膜が痛くなる・夜間は取り外し,保管することもありません.
 しかし,天然の歯と同じように,管理が悪いと歯槽膿漏と似た症状となり,次第に揺れ,インプラントが脱落します.そのため,インプラント治療終了後には,必ず定期的な検査が必要となります.

 さらにインプラントを植えた後,顎の骨とインプラントが確実に接合する3〜6ヶ月間は冠を入れることは出来ないために,その部で噛むことは出来ません.また,インプラントには歯の周りの歯根膜という組織がないことから,噛んだときに通常の歯と異なる感覚となることも事実です.

 このように,インプラントによる治療は,これまでの治療法では得ることの出来ない利点があり,ますが,ご希望の方,全てが行える治療法ではありません. 顎の骨の状態や全身的な問題もインプラント治療可能かどうかに影響しますので,詳しくはインプラントを行っている歯科医師へご相談下さい.

− インプラントによる治療症例 −

(画像をクリックすると治療後が見れます)
症例説明 左上の前歯1本が
喪失してしまった症例
右下奥歯3本が
喪失してしまった症例
下あごのは全てが
喪失してしまった症例
写 真
従来の治療法 ・ブリッジ
 …両隣の歯を削って橋渡し
・入れ歯…一本分の入れ歯
・入れ歯
 …部分的な入れ歯
・入れ歯
 …総入れ歯